新人研修

私が新人だったのはもうかれこれ20年前くらいになってしまいます
今でもその頃の先輩たちとは仲良くさせてもらっていまするんるん

誰にでも新人の頃はありますよね。
社会人としても看護師としてもひよっこですから、本当に心に残っています。
今から20年前だと一般病棟でも、まだ10:1看護だったのでものすごく忙しかったですけど、先輩には本当にかわいがってもらって、仕事は大変でしたけど楽しかったです

新人ならではの数々の失敗や思い出もあります(それは追々で)。

私の就職した病院では3月末に入職していろんな部署の新人たちと河口湖で合宿しました。
今思えばなんかすごいですねえ…それ、普通なのかな?

グループで協力して謎を解いたりして?山道を歩いたような・・・
今思えば何の研修だったのか・・・

もちろんオリエンテーション、挨拶やマナー講座、グループワークなんかもしたと思いますけど、なんか林間学校みたいな感じでした。

私は学校も地方だったし、地元も北海道。初めての東京の大病院への就職で心細かったので友達もできて良かったですけど

新人教育に力を入れている病院だったので、新人時代はそういう病院で良かったのかなって思っています。

新人時代って本当に大切ですexclamationそこで本当の意味で学生とは違う看護師という仕事の、精神的基盤や基本みたいなものが形成される気がします。

新人の頃は少し苦しくても、色々経験しておくといいと思います。新人だと「質問しやすい」というのは強みですしね

よく先輩に「りんご、先生に聞いてきて~。1年生だと聞きやすいから。今さら聞きにくいから」なんて言われたりして、それを武器によく先生に質問してましたね~

今ならなんとなくその気持ちわかります。でも、未だにわかんないこと多いのでよく質問しちゃいますけどね

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP