安楽死を望むこと

私は、いずれ日本でも安楽死は許可されるんじゃないかと思っています。

そうなるまでにどれくらいかかるかはわからないけれど。

病気と闘うってことは本当に辛いことだと思うし、そばで見ていても「楽にしてあげたい」と思うと思うのが正直な気持ち。

 

簡単に「死を望む」というのとは違う。生きていることも苦しさ、痛み。

 

少し前にもアメリカで安楽死をめぐって29歳の女性がニュースになっていましたけど、気持ちが解らないでもないです。

現にそのような意見も多かったように思う。

もちろん、逆の意見もたくさんありましたけど。

そちらも解ります。少しでも生きていてほしい、治ってほしいということももちろん間違っていません。

 

人間は生かされているし、生まれることも死ぬことも自分の意志では決められない。

その意見には賛成しますが、でも極限の辛さの時、そこまでして生きている事はあまりにも現実、酷な気がして。

私も何人も末期がんの方を看ましたけど、だんだんかける言葉が見つからなくなっていきます。食事も「食べましょうね」なんて言えません。

昨日も俳優の「今井雅之」さんが末期がんステージⅣであることを発表していました。すごく痩せていましたね。涙と汗をにじませて痛々しかったです。相当にお辛そうでした。

「気力」でそこにいるように見えました。

今井さんも「担当医にはモルヒネをたくさん打って殺してくれ」とを告げたそうです。それは自殺願望でもなんでもなくて「心情」ですよね。「そのくらい生きていることがつらいですからね。夜中の痛みや食べられないこと、痛みが」と言っていました。

 

医者は病気の治療、看護師の仕事は患者さんの生活を看ることとある先輩に教えられました。

 

看護師の見る範囲は「病気を抱えた人」の生活を看ることです。範疇は広いですが、その「死にたいくらい辛い」という思いまで受容していかなければなりません。

 

死ぬ手助けはしないけど、死の恐怖を抱えた人のそばで、最期のその時まで看護することになってきます。

仕事をしていると、どうしても「生かす」事に力を入れすぎてしまうけど、本当は「寄り添い」その人の気持ちを受け止めるということの方が本当の仕事なんですよね。たぶん。

とても難しいことなんですけど。

ターミナルケアって本当に難しい。

興味はありますが、まだまだできそうにないなと思って避けてきた領域です。

普通の病棟でもターミナル期に携わることはありますが、専門的に深める勇気と自信はまだありません。

でも、とても大切な仕事ですよね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP