アスペルガー症候群

記憶に新しい「名大女子学生の老女殺人事件」

高校の同級生にタリウムを飲ませていた事で再逮捕という報道をテレビで見ました。

この名大生は「アスペルガー症候群」と診断されているようですね。

「人を殺してみたかった」「誰でもよかった」という殺人動機、時々聞きますね。

犯人は「発達障害」「アスペルガー」ということもあり、そう報道されると、偏見がおきそうだし、「アスペルガー」だから殺人したとか精神病だから犯罪を起こすということではないので、そこは因果関係や判断は難しいところだと思います。

 

佐世保の女子高生が同級生を殺した事件の子も発達障害(アスペルガーとも言われていますね)ですね。

解剖への欲求が異常です。

 

そもそも「アスペルガー」も新しい病気というか、昔からそういう人はいたと思いますが、認知されたのも80年代以降じゃないでしょうか。なので、最近、認知度も高くなって、理解不能な猟奇殺人とアスペルガーが結びついてしまって、ちょっと印象が悪くなっている気もします。

 

アスペルガーは自閉症の一種で脳の機能障害、普通の人とは脳の構造が違うようですが詳しくはわかっていません。病気と言えるかどうかにも議論されています。

アスペルガーの人の特徴は、話せばなんとなくわかるというか、周りにも意外といるかと思います。

「優秀な劣等生」みたいな感じでしょうか。

 

知能は高い人も多く、空気が読めない人。

声が高かったり早口、ちょっと癖があったり、変な動きをする人も多いかも。細くて色白で「草食系」。顔もかっこいい子が多い気もします。でも、あまり自覚がないというか、おしゃれに無頓着というか、色気を感じないというか。男の子が多いです。男女比4:1くらい。

こう言うとまた誤解されそうですけど、理系男子のイメージです。実際にIT系とか理系男子多いと思いますし。有名な天才もいますし、社会で成功している人もいます。

アップルのスティーブジョブズなんかもそうじゃないかなって思います。

 

相手の感情が推し量れないので、「そこ言っちゃダメ!」ってとこで余計なことを言ったり、素直すぎる?というか計算できないですよね。頭いいのに。

私は結構嫌いじゃないんですけど。悪知恵は働かないし、いじわるじゃないです。というかそういうことができない。素直すぎて、嫌がられたり、空気を壊すけど。

感情が読めない、コミュニケーションが苦手、変化が苦手、先を見越したり、全体像が読めない、好きなことだけ没頭、相手お構いな、なんていうところがあるので、孤立してしまうんですよね。知能は高く(必ずではないです)、好きなことへの集中力が高いこともあるし、思考の偏りもあるので、これが、ある方向へエネルギーが注がれると危険ととられるのかもしれません。

 

かといって、殺人は絶対に許されないことだし、そこは何の弁護もしませんが。

おそらく、この名大生も「殺人はいけない事」との認識はあったと思います。

 

精神科でも、アスペルガーの方はいますが脳の構造が違う「個性」のようなもので、アスペルガーそのものへの治療というよりはその特性(周りから孤立・コミュニケーションが取れない)から、鬱状態や不眠に発展する事も多く、2次的な精神症状の対応という感じです。

幼いころであれば、行動療法、訓練などで、脳そのものを直すのは困難でも、「こんな時、人はどう思うか」というような行動を身につけるとか対応を練習するような方法はある程度効果があるといいます。また好きなことを個性として伸ばしてあげるような関わりをすれば、その子にとっても周りもストレスは少ないのかもしれません。

<広告>

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP