インシデント

嫌ですよね・・・インシデント

でもインシデントしたことないナースなんているかなぁ?

ほんと、時間を巻き戻したいって思う。

 

インシデント・・・

事故や事件などの意味以外に、事故に繋がりかねない(繋がりかねなかった)出来事、状況、異変、危機を意味する場合がある。

 

インシデントレポートとは・・・医療現場で、患者に傷害を及ぼすことはなかったが、日常診療の現場でひやりとしたりはっとした経験(インシデント)に関する報告書。事例を分析し、類似するインシデントの再発や、医療事故・医療過誤の発生を未然に防止することが主な目的。医療事故となった場合の報告書はアクシデントレポートと呼ばれる。ヒヤリ・ハット報告書。(デジタル大辞林解説)

 

私も大きなインシデントではなくても、長い看護経験の中で何度もレポート書きました。

これって本人が一番凹みますよね(T_T)

 

忙しい時、自分一人でチェックしてしまった時、急いでいた時、急かされていた時、同時にいくつもの仕事が重なる時、様々ですが、明けで「やっと帰れる~」って時に、インシデント発覚!とか、ほんと凹みます・・・

 

勝手に(?)患者さんが転んでもインシデント。点滴自己抜去もインシデント。それ不可抗力じゃないの?と思うこともインシデントなんですよね・・・

これで骨折でもすれば「オカレンス」です。←実際有害な事故につながる事ですね。

 

 

自分のミスを責められるというよりは、「こういうミスが起こらないように次につなげる」という意味のインシデントレポートですが、一番責めるのは師長なんです。

 

インシデントレポート数の報告も病棟評価につながります。つまり師長の評価につながります。かといって、報告しないわけにはいかない。なんとも言えない空気が漂います

 

お言葉ですが、師長は現場にいない。

現場の状況が解らないことも多いです。

それで責められるようなこと言われても、もう十分凹んでいるし、反省しているのに追い打ちをかけるように言われる。もちろん自分が悪いことは十分に分かっているんです。自分を消してしまいたい。

 

看護婦さんを呼ぶのは悪いからと一人で歩いてしまう老人、転倒防止センサーをしてるけど、行った時にはもう転んでいる。または転倒防止マットを飛び越えて転んだとか。本末転倒です・・・

 

精神科では夜間、睡眠薬を飲んでいる方も多いので転倒は多いです。

夜間せん妄、術後のせん妄なんかもあります。

転べば管理不行き届き、拘束すれば認知は進む、家族は見にもこないのに、拘束には反対。

なんだか出口がないんですよね・・・。

 

インシデント好きで起こす人はいないですからね。

 

思い出すだけで、もやもやします。

ブルドッグ

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP