熊本震災

熊本の震災から2週間。

私も、仲の良い友達が旦那さんの転勤で熊本市で暮らしています。

1回目の大きな震災があった時に、連絡して「とりあえず大丈夫」とのことでしたが、2回目には「充電が少ないんだ…」ということで、非難していることを知り、おそらく停電でもありで…それからは連絡をひかえていますが、震度4以上の余震が98回という回数を聞くと、相当怖くてつらい毎日なんじゃないかと推測するわけで…

けれども、実際はお互いにしごとっや生活があって何が出来るでもなく…募金くらい…なのかな…

東北の震災のこともあり、日本人は少し災害に強くなったというか、意識も高くなり、その後のアクションが早くなった気もしますが、それでも、何からしたらいいのかわからない人も多いような気がします…。

東北大震災の時は、東京にいた私。

夜勤明けで寝ていました。でも、いつもと違う揺れ、いつもと違う様子、ただ事じゃない毎日。

仕事をしていても、余震で揺れては、患者さんをどう運ぶか、夜勤の時などは、実際寝たきりの人を全員運ぶのは無理じゃないかと正直思っていました。

震度7クラスの地震が起これば、自分が立っていることさえできないでしょうし、患者さんの搬送なんて、実際可能なのかな・・・

これは、現場の看護師、医療者は思うところじゃないかなぁと思います。

それでも、白衣を着ているときは、なぜか動けてしまうのが看護師なのかもしれないなぁ・・・。

日本

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP